EDはただ勃起不全なだけでなく動脈硬化の可能性がある

MENU

【PR】EDが原因で別れることに!?

勃起不全から分かる動脈硬化の可能性について

勃起不全から分かる動脈硬化について

 

現在、ED(勃起障害)の患者数は、およそ1150万人。40代から50代で見れば2人に1人が勃起不全の状態になっていると考えられます。

 

EDとは、わかりやすく言えば「性交渉をするために必要最低限の勃起までたどり着かない(硬くならない)最後まで勃起の状態を維持できない状態」となります。

 

EDというと、「勃起が出来なくなった」「完全に勃たなくなった」と思われがちですが、そうではない状態。「うまく勃たない・思うように勃起できない」とか「はじめは問題なく勃起しても最後までフィニッシュできない」のような状態も「ED」に含まれるということです。

 

EDは年を重ねることによって、当たり前のようにただ勃起不全になったような感覚がありますが、実は大きな病気の例えば脳梗塞や心筋梗塞になっているケースがあり、心筋梗塞になった人の中でおよそ6割から7割の患者さんが、「勃起不全の状態を認識していた」という数値もあるのです。

 

当サイトでは何度も勃起の仕組みについて書いていますが、こちらにも簡単に紹介しておきますね。ペニスが大きくなる仕組みですが、きれいなお姉さんやセクシーな女性を見ることで性的興奮を感じます。その刺激によって、脳が性的電波を受け取ることにより、ペニスの血管内皮(血管の中にある組織)で、NO(一酸化窒素)が生産されます。

 

このときのNO(一酸化窒素)が、ペニスの海綿体の血管に血液を流し、血管を膨張させて血管が血液でいっぱいになった状態が「勃起した」状態ということになります。勃起している状態の時は、このNOが常に生産されている状態でもあります。

 

なので、勃起をするにはペニスにたくさんの血液を流しこむ必要があり、血液でいっぱいの状態、充血のような状況を作らなければいけません。

 

ですが、高血圧の状態が進みカラダ全体に大きなストレスがかかってしまうと、海綿体の血管内皮が傷つくことでNOの生産が減少して、ペニスに必要な血液が流れなくなってしまいます。

 

ペニスの血管というのがとても細い血管で、動脈の中では一番に細い血管です。その直径は1o〜2o。心臓の血管が3o〜4o。大きなところでは6o〜8oの血管もあるので、どれだけ動脈硬化の症状が出やすいのか想像ができるかと思います。勃起ができにくい状況が「動脈硬化の可能性もある」と疑わなくてはいけないというのはそのようなことから来ているのです。

 

 

朝立ちで動脈硬化をチェック?

 

ではどれくらいのED症状で動脈硬化を疑えばいいのでしょうか。それは、「朝立ち」をチェックしていきましょう。

 

朝立ちの正式名称は「夜間陰茎勃起現象(やかんいんけいぼっきげんしょう)」と言い、性的刺激を受けたとか、自意識とは関係していない状態で勃起する症状で、朝立ちと聞いたことがある方は多いと思いますが、夜に起こる現象のため「夜立ち」ともいえます。

 

朝勃ちは、夢などで性的興奮があるから起こる現象ではありません。これは、寝ている間に海綿体に血液を送る、定期的な巡回のような症状で、海綿体の掃除をしているとかメンテナンスをしているとも言える大事な作業です。他にもさまざま言われていますが、科学的に証明されているわけではありません。

 

ですが、医学的には高血圧や糖尿病、海綿体の血管の障害が朝立ち(勃起)に影響していると現在では常識的なこととなっています。なので、気になる方はまずは朝勃ちの有無から確認するようにしてください。朝立ちの回数が少なくなってきていると感じたら、それはEDになりかけている合図の可能性があるからです。

関連ページ

ED治療薬バイアグラの危険性
ED、勃起不全の治療薬と言えばバイアグラと言っても過言ではありません。ですが、サプリメントと同様に安易に利用するのは危険です。バイアグラは薬ですから効果が高く即効性がありますが、それだけ副作用を伴うことになってしまいますので、利用には十分に注意が必要です。こちらにバイアグラの危険性について解説しています。
中国産精力サプリが危険な3つの理由
少しくらいリスクがあっても良いからと、精力増強サプリやED治療薬を中国から輸入する場合に大きなリスクがあることを知っておきましょう。大気汚染が激しい中国では何が使われているかわかりませんし、最悪死のキケンすらあるのです。中国産サプリが危険な理由を解説します。
クラチャイダムの効果と副作用
クラチャイダムは近年、マカの有効成分を越える含有量を含むことで精力増強や疲労回復に効果があるといわれている素材です。ただ、国内ではクラチャイダムはサプリメントとして利用することがほとんどなので薬ではないため副作用の心配はありません。クラチャイダムの効果と副作用ついて解説しています。
勃起不全は誰でも成り得る!ムスコはどんどん確実に衰えている
私はED・勃起不全ではない!と思いたい男性はとても多いと思います。わたしもそうではないと思いたかった。ですが、男性は年を重ねることで確実に男性機能が低下してくるのです。なので、EDとしっかりと向き合いどのように改善するのかと意識を変えて取り組むことが最もED改善への近道になるのです。
男性機能は加齢とともに悪化し勃ちにくくなる?EDを改善するには?
男性のペニスは年を取るごとに確実に機能が衰え、機能は悪化する一方です。ではEDを改善するには何をすればいいのか?こちらにEDを改善できる方法を2つ解説していますので、自分に合った改善方法をしっかりと理解することから始めましょう。
2種類あるEDとその仕組みについて
一言でEDと言っても、大きく分けると2種類のEDがあることをご存じだったでしょうか。こちらには男性がどのような状況でどのようなEDになるのかを解説しています。EDの方もそうでない方もEDの仕組みについて知っておきましょう。
様々タイプのある器質性EDと心因性ED
ED・勃起不全には様々なタイプのEDがあり大きく分けて器質性EDと心因性EDが存在しています。こちらには、さらに細かく分けた器質性EDと心因性EDについて解説します。
ED治療薬の効果と副作用について
ED治療薬で勃起不全を改善できると聞くけど、実際効果はあるのか。副作用はないのか。と誰でも気になるところです。こちらにはED治療薬の効果や副作用、他にも治療薬に頼らずに勃起力を改善する方法について書いています。
30代ED予備軍が急増中!ムスコの硬さでEDをチェック!
勃起不全なんてまだまだ先の話。と思っている30代40代の方にEDが急増中!自分はEDでないと思っている人に読んでほしい。EDチェックでED早期発見・早期改善が重要です。
ED治療薬の正しい知識とその効果
今では有名になったバイアグラと言えば知っている人は多いと思います。これらのお薬はED治療薬(PDE5阻害薬)と呼ばれています。ED治療薬の正しい知識を知ることで安全安心してED改善に取り組みましょう。ED治療薬についてさらに詳しく解説します。