ED治療薬の正しい知識|バイアグラ・シアリス・レビトラの効果

MENU

【PR】EDが原因で別れることに!?

ED治療薬(PDE5阻害薬)の効果と副作用を理解しよう

ED治療薬(PDE5阻害薬)の効果と副作用を理解しよう

 

ED治療薬と言うと少しわかりにくいと思いますので、わかりやすく言いますと「バイアグラ」で一躍知名度を上げた、精力剤や勃起薬と呼ばれる類のお薬です。

 

現在はバイアグラの他に、シアリスとレビトラがあり、全部で3種類存在しています。バイアグラというとどのようなイメージがあるでしょうか?「飲んだら即勃起できる」とか「性欲が増す媚薬(えっちな気分にしてくれる薬)」と思われている方が多いように感じますが、実はそれらは間違いです。

 

バイアグラを飲んでも、ムラムラするわけではありませんし、即勃起してくれるわけでもありません。

 

ED治療薬(バイアグラ)は、PDE5阻害薬と言われていて、勃起させてくれる薬ではなく、勃起したペニスがふにゃふにゃにならないように、勃つのをあきらめようとするペニスを諦めないように、サポートする薬なのです。

 

PDE5阻害薬を、他のことで例えるなら運動会で演技する組体操の下で支える役割の子のようなものでしょうか?ペニスが立ちにくい状況で、縁の下からのサポートすることで立ちにくいことをひとまずキープして安定させることのできる薬です。

 

PDE5って何ですか?

 

PDE5って何ですか?

 

そもそもPDE5とは何か?と言うと、勃起は必要な時に勃てば良いもので常におっ勃った状態ではこれでは問題があります。ですから、勃起をさせない、勃起を抑える仕組みがあるのです。

 

PDE5は海綿体の勃つ仕組みを邪魔する酵素のことで、PDE5があることで海綿体に流れ込んだ血液が引き返し、血液が少なくなることで勃起が弱まるようになっています。

 

PDE5阻害薬(バイアグラ)を飲むことで、この邪魔をする酵素を動かなくして、ペニスがふにゃふにゃになることを防ぎます。結果として、勃起が継続し長い時間維持することができるのです。

 

 

そもそもバイアグラは心臓病の治療のための目的で開発する予定の薬でした。ですが、試験ではその心臓病に対する効果が確認できなかったのですが、その代わりペニスの勃起を促す効果が報告されたのです。

 

心臓病治療薬としての試験終了後、被験者に試験薬の返還を求めるわけですが、被験者の内の数十名が薬を返さなかったことから、勃起に効くという事例を確認できたという話はとても有名です。

 

ED治療薬の効果と副作用

 

こうして世界で初めてED治療薬としてバイアグラが開発され、世界中で使用されるようになりました。バイアグラには、媚薬のような性欲がムラムラと沸いてくるような作用はなく、基本的には性的な刺激を受けた後に効果が出ます。

 

勃起力、硬さ、勃起継続時間のアップがあり、バイアグラの効果は3時間4時間くらい続きます。

 

1999年にバイアグラが世界で初めてED治療薬として開発され、次に2004年にレビトラが開発されました。バイアグラよりも錠剤が小さいことで飲むやすさが改善されましたが、効果はバイアグラと変わらずに4時間くらいの効果であるのが特徴です。

 

レビトラに続いて2007年に日本で認可されたED治療薬がシアリスになります。このシアリスは今のところED治療薬の中では一番新しい薬ということになります。シアリスの大きな特徴として、バイアグラの4時間の効果に対して、シアリスは36時間も効果があり、さらに食事制限のようなこともあまり関係なくいつでも飲めるので利用者が増えているようです。

 

どのED治療薬が良いのかと気になるところですが、効果には個人差があり、バイアグラが一番効果があるという人もいれば、シアリスの方がバイアグラよりも効く。というように、どれが良いのかと明確なことは使用者にしかわからないです。

 

ED治療薬は、ほぼ間違いなく勃起することが出来ますが、医薬品のため必ず副作用があります。副作用の代表的な症状は、カラダや顔のほてり、頭痛、めまい、鼻づまり、勃起がおさまらないなどあります。こちらも個人差があり、軽い人もいれば、重い副作用が出てしまう人もいますので、かならず医師の診断のもと正しい使用を心がけるようにしてください。

関連ページ

ED治療薬バイアグラの危険性
ED、勃起不全の治療薬と言えばバイアグラと言っても過言ではありません。ですが、サプリメントと同様に安易に利用するのは危険です。バイアグラは薬ですから効果が高く即効性がありますが、それだけ副作用を伴うことになってしまいますので、利用には十分に注意が必要です。こちらにバイアグラの危険性について解説しています。
中国産精力サプリが危険な3つの理由
少しくらいリスクがあっても良いからと、精力増強サプリやED治療薬を中国から輸入する場合に大きなリスクがあることを知っておきましょう。大気汚染が激しい中国では何が使われているかわかりませんし、最悪死のキケンすらあるのです。中国産サプリが危険な理由を解説します。
クラチャイダムの効果と副作用
クラチャイダムは近年、マカの有効成分を越える含有量を含むことで精力増強や疲労回復に効果があるといわれている素材です。ただ、国内ではクラチャイダムはサプリメントとして利用することがほとんどなので薬ではないため副作用の心配はありません。クラチャイダムの効果と副作用ついて解説しています。
勃起不全は誰でも成り得る!ムスコはどんどん確実に衰えている
私はED・勃起不全ではない!と思いたい男性はとても多いと思います。わたしもそうではないと思いたかった。ですが、男性は年を重ねることで確実に男性機能が低下してくるのです。なので、EDとしっかりと向き合いどのように改善するのかと意識を変えて取り組むことが最もED改善への近道になるのです。
男性機能は加齢とともに悪化し勃ちにくくなる?EDを改善するには?
男性のペニスは年を取るごとに確実に機能が衰え、機能は悪化する一方です。ではEDを改善するには何をすればいいのか?こちらにEDを改善できる方法を2つ解説していますので、自分に合った改善方法をしっかりと理解することから始めましょう。
2種類あるEDとその仕組みについて
一言でEDと言っても、大きく分けると2種類のEDがあることをご存じだったでしょうか。こちらには男性がどのような状況でどのようなEDになるのかを解説しています。EDの方もそうでない方もEDの仕組みについて知っておきましょう。
様々タイプのある器質性EDと心因性ED
ED・勃起不全には様々なタイプのEDがあり大きく分けて器質性EDと心因性EDが存在しています。こちらには、さらに細かく分けた器質性EDと心因性EDについて解説します。
ED治療薬の効果と副作用について
ED治療薬で勃起不全を改善できると聞くけど、実際効果はあるのか。副作用はないのか。と誰でも気になるところです。こちらにはED治療薬の効果や副作用、他にも治療薬に頼らずに勃起力を改善する方法について書いています。
30代ED予備軍が急増中!ムスコの硬さでEDをチェック!
勃起不全なんてまだまだ先の話。と思っている30代40代の方にEDが急増中!自分はEDでないと思っている人に読んでほしい。EDチェックでED早期発見・早期改善が重要です。
EDはただ勃起不全なだけでなく動脈硬化の可能性がある
現在勃起障害(ED)の患者数は1150万人以上にもなり、50代なら2人に1人はEDになっている可能性が高いです。そこで、ただEDだから勃起が出来ないだけと思われがちですが、実は大きな病気になっているリスクがあることをしっかりと覚えておきましょう。動脈硬化の可能性についてさらに詳しく解説します。