精力増強ドリンクおすすめランキング!市販コンビニで購入できるドリンクならコレ

MENU

【PR】EDが原因で別れることに!?

おすすめの精力ドリンクは?効果や価格について

男性の精力を増強させるためには、どのような精力ドリンクを飲めばいいのか?オススメの精力ドリンクをランキング形式でご紹介していますので参考にしていただけると幸いです。

 

ユンケル黄帝液シリーズ

ユンケル黄帝液シリーズの特徴

1位はユンケルシリーズです。ユンケルシリーズはTVCMでもお馴染みで、多くの人が知っている精力ドリンクだと思います。ユンケルシリーズの一番の魅力は、何と言っても値段が安いこと。最も安いのがユンケル皇帝液の800円です。(Amazonなら700円代で購入できるかも)
高く感じるかもしれませんが効果的にはむしろ安いと感じますよね?コスパが良いのに、滋養強壮効果が十分期待できます。「今日はいつもより頑張らなきゃ!」という時は、ユンケル皇帝ロイヤルがオススメ。滋養強壮だけじゃなく、イカリソウ・海馬など、性欲促進やED改善をサポートする成分も含まれています。価格も2000円前後ですが、成分量を考えるとコストパフォーマンスが高いです。

価格 800円
評価 評価5
備考 ランキング唯一医薬品指定。ローヤルゼリーや朝鮮人参、ジオウなど、虚弱体質改善や強壮に役立つ成分がしっかりと配合されているコスパが良い精力増強ドリンク!
ユンケル黄帝液シリーズの総評

「疲れているけど休めない」という時にオススメなのはユンケルファンティです。ユンケルファンティの特長は滋養強壮や勃起不全に役立つ生薬が多数含まれていることです。冬虫夏草や杜仲など強精・インポ改善・精力増強をサポートする生薬が贅沢に配合されています。これだけ入って3000円前後なのですから、コスパはかなり良いです。即効性もあるので、「今すぐ何とかしたい!」という人にはかなり役立ちます。「ここ一番が踏ん張りどころ!」という人にはユンケルスターが最適です。ユンケルファンティの配合成分にオンジやガラナなどインポテンツ改善や神経強壮を後押しする生薬が凝縮されています。即効性も期待できるので「今晩女の子とデートだけど、疲れて勃たない・・・」という時にも頼りになります。お値段は4000円前後とちょっと高めですが、精力増強に特化した成分が豊富なので、試してみる価値はあります。このようにユンケルシリーズにはさまざまな種類があります。全部で25種類あり、ご自分の症状に合ったものを自由に選べるのは嬉しいですよね。なお、ユンケルシリーズは精力増強ドリンクの中で唯一医薬品に指定されているドリンクです。

凄十マックスエナジー(宝仙堂)

凄十マックスエナジー(宝仙堂)の特徴

ランキング2位!宝仙堂の凄十マックスエナジーです。「インポかもしれない」「最近勃起力が低下したな」と思っている男性は、一度は手に取ったことがあるかもしれませんね。マカやすっぽんといった精力剤で定番の成分だけでなく、スタミナアップに役立つコブラが配合されているのは注目すべき点ですね。一言で言うと「亜鉛・アルギニン系精力ドリンク」といった感じです。

価格 700円〜1200円
評価 評価4
備考 コンビニやドラッグストアで手軽に購入可能な精力増強ドリンク!
凄十マックスエナジー(宝仙堂)の総評

実際に凄十 マックスエナジーを飲んだ人の口コミで一番多かったのが「ペニスが固くなった」というもの。マカやコブラ、サソリが加わることで、勃起力がアップするだけでなく、硬く強いペニスになるんでしょうね。一方で「射精力はイマイチ」「持続性が無く、2回戦に挑もうとしたら勃起しなくなった」など悪い口コミも見受けられました。あと味がめちゃくちゃ濃いです(甘い※デメリットとも言えます)。これはブドウ糖果糖液糖が含まれているからでしょう。甘みがあることでプラシーボ効果を感じた結果、精力増大を錯覚するというメリットはありますが、成分が薄まってしまうというデメリットも・・・。そして、1本(50ml)が1000円以上します。ユンケルシリーズに比べて効果が微妙なことを考えると、高いと感じる方は多いと思います。「女性と性行為をする予定だけど、どうしてもペニスが勃たない」という場合は役に立つかもしれませんが、継続して飲むのは難しいかもしれませんね。

極濃マカ皇帝倫液(メタボリック)

極濃マカ皇帝倫液(メタボリック)の特徴

3位は極濃マカ皇帝倫液。メタボリック社が販売している精力増強ドリンクです。極濃マカ皇帝倫液にはマカやトンカットアリなどの植物成分だけでなく、豚睾丸やコブラ、マムシなどの動物由来の成分も配合されています。かなりリッチな精力ドリンクですね。植物成分単体でも精力増強に役立つのはご存知の人も多いかと思います。精力増強サプリメントの多くにも植物成分が配合されていますからね。

価格 1600円〜2100円
評価 評価4
備考 植物成分と動物由来の成分を組み合わせることで肉体疲労・虚弱体質・勃起不全などを改善する効果がさらに高まる!
極濃マカ皇帝倫液(メタボリック)の総評

極濃マカ皇帝倫液は、滋養強壮だけでなく精力増強にも期待出来るドリンク。精力増強系の効果としては勃起不全改善だけでなく、ペニスの感度を上げる、陰茎増大、持続力アップなどの効果も期待できるのは嬉しいところです。やはりコブラやマムシ、ガラナといったアルギニンを多く含んでいるので、性器へのアプローチはしっかり行ってくれるようですね。ただ、飲んだ人の感想の中には「即効性がない」という意見も見受けられました。即効性が魅力の精力ドリンクにおいては、かなりのマイナス要素です。そして、宝仙堂の凄十 マックスエナジーと同様、ブドウ糖果糖液糖が含まれているので、有効成分が薄まっている可能性があります。価格も1本2000円前後と気軽に手を出せるものではないです。コスパが悪いので、胸を張ってオススメできる精力ドリンクではないかもしれません。

そりすぎマッチョ(ハートヘルス)

そりすぎマッチョ(ハートヘルス)の特徴

4位はそりすぎマッチョ。そりすぎマッチョには、精力増強や意欲向上、疲労回復などの効果が期待できます。最も含有量の多い成分はマカ濃縮エキスです。マカ濃縮エキスには疲労回復効果があるとされています。不足した栄養素をマカ濃縮エキスの豊富な栄養分が補ってくれるので、疲労回復に繋がるんでしょう。しかも、ただのマカではなく濃厚エキスなので、より高い効果が期待できます。

そりすぎマッチョの成分を手短にご紹介。まず、亜鉛含有酵母は亜鉛を含んでいる酵母のことで、精力増強やペニス増大、勃起促進効果があるとされています。通常の亜鉛に比べると吸収率が高いというメリットがあるものの、亜鉛の含有量が少ないというデメリットもあります。亜鉛含有酵母と亜鉛を比べて、一概にどちらが良いかというのははっきり言えません。次にマムシは血行を促進する作用があり、滋養強壮に役立つとされています。ガラナには興奮作用のあるドーパミンを生成する働きがあり、低下した意欲を向上させてくれます。アルギニンは血管を拡張させて、血液の流れを良くする働きがあり、勃起しやすいペニスにしてくれます。性欲も増大させてくれ精力ドリンクにには欠かせない成分ですね。

価格 600円〜1000円
評価 評価4
備考 成分に亜鉛含有酵母・マムシ・ガラナ・アルギニンが含まれていて精力アップを促します。
そりすぎマッチョ(ハートヘルス)の総評

そりすぎマッチョの配合成分のうち、亜鉛含有酵母以外はほとんど性欲増強をサポートする成分となっています。ただやはり、ブドウ糖をはじめとする糖分が多量に含まれているので、甘いモノが苦手な人にはキツいでしょう。価格が600円程度とお得なので、精力剤を試したいけどイマイチ信用出来ないという人は、そりすぎマッチョからはじめてみるのも有りかもしれません。

勃鬼(マルマン)

勃鬼(マルマン)の特徴

5位は勃鬼です。勃鬼の主成分であるL-シトルリンはアミノ酸の一種であり、精力増強効果が期待できます。いろいろな精力剤や精力サプリメントで広く使われている成分であり、精力増大をサポートする成分の代表的存在と言っても過言ではありません。L-シトルリンは血流促進や肝機能を強化することで、精力増強に繋げてくれます。精力サプリでは馴染みの深いL-シトルリンですが、精力ドリンクでは配合されているものをあまり見かけたことがありません。そのため、他の精力ドリンクで満足な効果が得られなかった人も試しみる価値有りです。ですが、過度な期待は禁物。

価格 700円円
評価 評価4
備考 勃起成分・増大効果の期待できるL-シトルリンを配合している精力増強ドリンク。
勃鬼(マルマン)の総評

精力サプリやユンケルシリーズに比べると、配合成分が圧倒的に少なすぎます。さらに糖分や保存料がたくさん含まれているので、成分本来のチカラがかなり弱まっています。でも、何もしないよりかはマシなので、奥さんとの夜の営みの前に1本飲んでおくと、案外頼りになるかもしれません。1000円以下で買えて気軽に飲めるのは嬉しいところです。

マカ皇帝倫液(メタボリック)

マカ皇帝倫液(メタボリック)の特徴

6位はマカ皇帝倫液です。マカ皇帝倫は、マカやトンカットアリなどの植物由来成分と4種類の蛇やスッポンなどの動物由来の成分の相乗効果が期待できる精力ドリンクです。甘みが少ないので、甘いモノが苦手な人でも抵抗なく飲むことができるでしょう。

価格 800〜1300円
評価 評価4
備考 精力アップ成分代表格のマカやトンカットアリの植物成分を豊富に配合している精力増強ドリンク。
マカ皇帝倫液(メタボリック)の総評

疲労回復や精力増進効果が期待できるのですが、口コミを見てみると賛否両論です。「ペニスが硬くなり、射精までの時間が長くなった!」という意見もあれば「不味いし、効果を感じない」という意見もありました。通販では800円前後とお手頃ですが、コンビニや薬局では1300円程度します。1000円以上出して購入する価値はあるでしょうか?Amazonなどで安い場合は買ってもいいかもしれません。

燃える夜狼(げん氣)

燃える夜狼(げん氣)の特徴

7位は燃える夜狼です。燃える夜狼はドリンク液と錠剤がセットになった商品で、マカとトンカットアリを同時に摂取できるのが特長です。

価格 600円前後円
評価 評価3
備考 マカを配合した精力増強ドリンク。コストをかけたくない人に最適。
燃える夜狼(げん氣)の総評

マカには衰えた体力を回復させる働きがあるとされています。トンカットアリは夜狼の最も注目すべき成分で、男性ホルモンの分泌量を増やす作用があります。この2つの成分によって、年齢とともに低下した性欲を回復させる効果が期待できます。価格はドリンクと錠剤がセットで600円とかなりお手頃です。「精力ドリンクにあまりお金を費やせない」という人にオススメです。

オット精G液(金石衛材)

オット精G液(金石衛材)の特徴

8位はオット精です。オット精にはオットセイ抽出エキス、L-シトルリン、トンカットアリ抽出液などが配合されています。オットセイ抽出エキスというのが注目すべきポイントで、オットセイ抽出エキスに含まれるカロペプタイドという成分が、血行を促進しED改善に繋げてくれます。ただし、オット精を飲んだだけでは十分なカロペプタイドを摂取することができません。やはり清涼飲料水なので、甘味料によって成分が薄まっています。生活習慣を改善することで精力増強に努め、それでもダメなら補助的に飲むのがよいでしょう。

価格 800円〜1000円
評価 評価3
備考 珍しいオットセイ抽出エキスを配合している精力増強ドリンク!

精泉ビンビン液(阪本漢法製薬)

精泉ビンビン液(阪本漢法製薬)の特徴

9位は精泉ビンビン液です。マムシエキスを主成分とする精力ドリンクで、漢方薬製造会社が販売しています。マムシには精力増強系商品の代表的成分であるアミノ酸が豊富に含まれています。ドリンクタイプなので、体への吸収率が早く、性行為の30分ほど前に飲めば、いつもと違う勃起力を体感できるかもしれません。ただ、どのようなマムシを含んでいるのか成分表に書かれていないのが怪しいところ。しかも、マムシは粉末状のもので、100g2000円以上する高級品です。それなのに、精泉ビンビン液は1本600円前後。あまり期待してはいけませんね。

価格 500円〜1000円
評価 評価3
備考 マムシエキスを主成分とする精力増強ドリンク。コスト的には安い。

ストロングDドリンク(Dogma※ドグマ)

ストロングDドリンク(Dogma※ドグマ)の特徴

10位はストロングDです。ストロングDにはハブ抽出エキスや馬心臓エキスなど、個性的な動物由来の成分が配合されています。ハブエキスは血液を綺麗にする働きがあります。これによって血流が良くなることで、ペニスがビンビンになったり、精力が増進するのです。清涼飲料水なので過度な期待は禁物ですが、珍しい成分が豊富なので、「他の精力ドリンクで失敗した」という人は試してみる価値があるのかもしれません。

価格 900〜1000円
評価 評価3
備考 ハブ抽出エキスや馬心臓エキスと個性的な動物由来成分を配合するドリンク。

 

 

ドリンクタイプの精力剤の選び方は?

 

精力増強ドリンクの最大のデメリットはコストパフォーマンスが悪いことです。精力ドリンクと精力増強サプリメントの価格を比較した場合、精力ドリンクの方が10倍以上高値で売られていることが一般的です。配合成分が全く同じであってもです。そして、精力ドリンクにはブドウ糖や麦芽糖などの甘味料が多量に含まれていることもデメリットの1つです。ドリンクタイプはサプリメントとは異なり、味が重要です。出来るだけ飲みやすくするために、甘味料を含んでいるのです。

 

しかも、かなり多くの量が使われており、配合成分の中で最も量が多いことがほとんど。これでは、有用成分が薄まってしまい効果が半減してしまいます。その証拠に精力ドリンクのほとんどが医薬品では無く、清涼飲料水に指定されています。甘くて飲みやすいものは、ほとんど効果がないと言っても過言ではありません。また、精力剤というものは長く続けないと十分な効果を得ることができません。最低でも1ヶ月間は毎日飲み続ける必要があります。精力サプリメントの相場は1ヶ月分で5,000円〜10,000円言われています。仮に10,000円だとしても1日333円で続けることができます。一方、精力ドリンクは安いもので1本300円〜500円。どんなに安くても300円のコストがかかります。

 

それを1ヶ月間続けると、500円×30本=15,000円もかかってしまいます。安くてもこの値段です。先述の通り、糖分が多量に含まれているので毎日飲むと糖尿病になるリスクが高まります。コスト面でも健康面でもサプリメントに比べると分が悪いのです。もちろん精力ドリンクの中にも優れたものはあります。ここまで、精力ドリンクのデメリットばかり述べてきたので、メリットを述べたいと思います。精力ドリンクの一番のメリットは体内に吸収されるスピードが早いということです。つまり即効性があるということ。頑張る直前に飲めば、すぐに活力が湧いてくることもあります。

 

これは精力増強サプリメントでは不可能なこと。精力増強サプリメントにはドリンクほどの即効性というモノはありません。とは言うものの、精力減退を根本から改善したい場合は、やはり継続して飲み続ける必要があります。継続するためには、滋養強壮や体力回復に特化したものと、少しでも安いもの。この2つを兼ね備えた精力ドリンクを選ぶのがオススメです。「そんな精力ドリンクどうやって見つけるの?」と思われる人も多いと思います。そこでオススメなのが、あかひげ薬局です。

 

あかひげ薬局で取り扱われている精力ドリンクは一般的な精力ドリンクに比べて、精力増強・勃起促進に役立つ成分が豊富に配合されています。詳細はあかひげ薬局の公式ホームページをご覧ください。あかひげ薬局の公式ホームページあかひげ薬局の公式ホームページ